【アフターマーケット掲載】totocoが生まれた整備工場のDX成功の秘訣!vol.15 | totoco

車検ネット予約管理サービスtotoco(とっとこ)

087-867-6868
平日 9:00~17:30

コラム

【アフターマーケット掲載】totocoが生まれた整備工場のDX成功の秘訣!vol.15

みなさまこんにちは。ヤマウチの人見です。

先月号では「既存客の車検予約をどうやってWeb予約に切り替えたか」についてご案内いたしました。きっと、今月号までお付き合いくださった皆さまは「そろそろ数値的なものを見たいんだが・・」と、思っていらっしゃるのではありませんか?そんな訳でローンチ後2年間の予約推移グラフをお出しする事にいたします!(図1、図2)

図1 totoco 採用後の車検予約の推移

 

図2 totoco 採用後のWeb予約の内訳の推移

ご覧いただけましたでしょうか?初月からWeb予約が約60%。そのうち約40%が新規客・・。お客様の利便性は向上するわ・・電話が鳴る回数は減るわ・・。ホンマにスゴくないですか?わたし、このグラフを見る度に「すさまじい効果やな・・」って思うんです。

もちろんこのグラフは「結果」ですから、当時の私はリアルタイムで、このすさまじさを日々経験しておりました。

Webの世界とリアルの世界を切り分けず、統一性を持ったプロモーションをかける事が、いかに重要かを知り、SEO対策(分かんない!って方は、数か月前のコラムをご参照ください)やMEO対策(来月号でご案内しますね!)がどれほどに有用な戦略かを身をもって知る事が出来た大変貴重な2年間でもありました。

メカの不満解消のための工夫が工場側の希望日時の入庫誘導に

あとですね、嬉しい誤算もあったんですよ!Web予約って、お客様が手前勝手に数か月先の予約を入れる事ができちゃう訳でしょう?予約を頂けるのはとってもありがたい事だけれど、これって「この日は子供の運動会なのに、こんなにいっぱい予約が入ってるだなんて休めないじゃん・・。これだから勝手に予約が入る仕組みってイヤなんだよ・・」こんな不満を生みだす事になるんです。ですから私がこしらえた【Web予約と店舗での予約を一元管理できる、クラウド型予約管理サービス(商品名totoco・とっとこ)】ではWEbと店舗の予約枠を切り分けて管理できる様に設計し、「初期設定として車検受け入れ可能台数の半分程度のみWeb枠として公開し、勤務シフトが出た後で、更なる受け入れ可能枠をWeb公開する」という運用方法を採用しました。こうすれば、予約枠に振り回される事なくメカニックさんの休日が取得できますからね!更にtotocoは「店舗側で予約が入ったとしても、先にWeb予約枠を埋める」という工夫を施しております。こうする事で、「Web上で空いている予約枠は、元よりヒマな時間枠」が実現できたという訳です。

これらはすべて、メカニックさんの不満を解消する為の工夫でした。しかし、蓋を開けてみると、「お客様を工場側が入れて欲しい日時に数か月前から誘導できちゃう!」という、副事物を生み出しておりました。偶然の産物にもかかわらず、当時の私は「え?ンなもんアタマっから計画してたのに決まってますやん!!(ドヤ顔)」と触れて回っていたのは言うまでもありません (笑)

もちろん店舗で発生する直近予約はメカニックさんと空き時間を相談しつつ追加で入れていきますから、労せずして受け入れ可能な車検台数が増えていきます(図1)

「休日は増え、残業は減り、受電本数が激減する・・。更には車検台数がムリなく増え、新規客までもが増えていく・・」。マネージャーとしては夢の様な施策ですよね・・。振り返ると、本当にすばらしい経験ができた2年間でもありました。(図3)

図3 totoco 採用後3 年間の1 人あたり月間残業時間の推移

メカの給料を上げなきゃみんなが幸せになれん・・・でもその方法は・・・

天敵の塩上司対策で勉強した損益計算書の読み解きですが(ご存じない方は数か月前のコラムをご参照くださいw)、しっかりと血と肉になっておりまして、私はこんな事を考える様になります。「残業が減ったって事は、残業手当も減っちゃう訳でしょ?根本的にメカニックさんの基本給を上げなきゃ、みんな幸せになんないじゃん・・」。そしてこんな独自解釈をする様になりますw「塩のヤツに『給料上げてよ!』っつたて、上がる訳ないよね・・。きっと近道は『会社が納得いく経常利益を出す』なんでしょ!?アタシ知ってるもん!」いやいや・・。当時の人見さんや・・。ウチはジョブ型の雇用スタイルを採用している会社じゃ無いからね・・どれほど経常利益を上げたとしても一足飛びに、給料が上がるなんて事は無いんでっせwはい。所詮は付け焼刃な知識でございます(笑)

Web集客戦略を血肉に販促費を適正化したら利益が大幅に伸長

だけどですね、当時の私は、とっても真剣だったんです!必死で損益計算書とにらめっこしながら「んー。管理費?減価償却??ようわからん・・。まーえーわ。とりあえず一番親しみがある言葉の『販促費』コレをスリム化させよう!」と思い立ち、「なんでオリコミ代ってこんなに高いんよ!ヤメやヤメッ!!」とかいう、突然の急ハンドルを切る事になります(笑)

もちろん無策で急ハンドルではありませんよ!こちらも塩上司対策で勉強したWeb集客戦略がしっかり血肉となっております。先述したとおりWeb予約の新規率の高さに手ごたえも感じておりましたし、予約状況の見える化にも成功している訳です。実のところを申しますと、オリコミをやめる事に対して、一切不安は感じておりませんでした。

もちろん店長陣は「オリコミやめたら車検予約が減るぞ!」とめっちゃくちゃ怖がっていましたから、「予約が入んなきゃ、その時にオリコミしましょうよ!」とかなんとか言いつつ脱オリコミは粛々と敢行されて参ります。同時にハガキ案内をSMS送信に変更するなど、ありとあらゆる販促費の削減(というか適正化)にも努めておりましたから、この、「夢の様な2年間」では、過去イチの経常利益伸長というオマケまで経験する事になります。

もっと・・もっと集客したい・・。もっと・・。欲張りな私は、更なるWeb集客に着手いたします。気になる続きは来月号をお待ちくださいませ♪

totocoの詳しい機能や価格について
資料をご覧ください
資料ダウンロード
実際の画面を使ってみたい方はこちら
デモ体験
どんなことでもお気軽にご相談ください
お問い合わせ